野菜作りとか猫の事とかかいてます!
スポンサードリンク
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*スポンサードリンク*







2015/04/17(金)22:38
こんばんは! (´∀`*)

けいですよ(`・ω・´)


今日は畑や植物のお話ではなく

ちょっとした雑談、もしくはカルチャーショック、もしかしたらただ聞いて欲しいだけなのかもしれない

習い事であったちょっとした不満のお話です。

そういうのがお嫌いな方がいらっしゃいましたら、読まないほうが良いかもしれません(´・ω・`)






このブログでもたまーに 日本舞踊をやっていると書いてきましたが

その発表会で行われる花束贈呈の法式に、私が今まで持っていた「花束贈呈」に関する常識が

見事に打ち砕かれたのです (´∀`*)

もう いま私は混乱状態です(´・ω・`)


事の発端は 一ヶ月ほど前

私は 先生に言われました。

先生「新人紹介で花束贈呈があるから、やってくれる人を探しておいて」

私「わかりました」

このとき、すでに私と先生の中では 絶対的な理解の違いが出来上がっていたのです。

このとき、私が思ったのは「花束の贈呈をやってくれる人」を探しておいて といわれたのだと思い込んでいました。

私はどうしてそう思ったかといえば、

わずかではありますが、今まで経験からとしか言えません。

そんなすごい経験をしているわけではありませんがね (´∀`*)

手持ちの経験から物事を導き出すことしか私にはできません(´・ω・`)


まずは、たとえに出すのは少しおかしいかもしれませんが学生時代。

卒業していく先輩、もしくは異動していく先生、さらには全国大会に出る人など、

そういうときの花束は、個人的に渡す以外のものは、学校で用意してくれますよね?(多分)

違ったらすでに例えからして総崩れなのですが、「○○会」や「○○式」と名のつくもので用意される花束は

大体が「学校と言う団体」からの花束なのだと思っていました。


そして職場。

職場でよくあったのは「冠婚葬祭」での贈り物や祝い金ですが

だいたい、社員やその他パートさんなどいれば彼らから、例えば300円ほどずつ集めて、「会社」からとして物を贈る

もしくは経費で贈る

というのが、一般的だと思っていました。

更に例えるなら、定年などの花束も、おそらく経費で出ているのだろうと思い込んでました。

もちろん、親交の深い方はならば個人的に渡すでしょうね。


その私の経験から考えると

「発表会で行われる新人紹介で花束を贈る」=日本舞踊の会が

何らかの形(会員さんからお金を集める、実は他の費用からこっそり集金しているなどして)で花束を用意してくれるのだと、咄嗟に考えてしまったのです。


たとえが長くなってしまいましたが

先生「新人紹介で花束贈呈があるから、やってくれる人を探しておいて」

といった先生が、一体どういうつもりで言ったかと言うと

私(けい)に「花束を自費で買ってくれて、会場に来て、ステージに出て渡してくれる人」を探してきてと言ったようです。

まさかそんな風な意味合いで言われているとは思ってもいない私は

ちょうど「見に行くよ!」と言ってくれていた友人に「ステージに上がって花束を渡す」ことだけをお願いしたのです。

その友人は、私の誕生日(つい最近)にラズベリーとバラの苗木、そしてその作り方の本2冊と入浴剤とあぶらとり紙をくれたばかりです。

私は、その心優しい友人に「小さくても良いから、花束を買って来て下さい」とは言えませんでした。

そもそもがその友人は先生や他の方々とも交流があって、べつに私を見るためだけに来ているわけではないのです。

しかもつい最近、誕生日プレゼントまで頂いて

その上花束を買ってきてくれなどと

誰がいえましょうか(´・ω・`)


ちなみに先生は「小さいブーケとかでも大丈夫だよ」と言っていましたが

日本舞踊をやり始める人々はやっぱりある程度お金に余裕がある人で

だいたいそういう人達と親交がある人というのは、同じような生活水準を持っている人が多いですよね。

その人たちの記念すべき初舞台に はたして小さなブーケを持ってくる人がいるでしょうか?

これも私の予測ですが、いないでしょう。

皆がほどほどの大きさの花束を持っていると予測した上で、私の友人が私の言った事にしたがって

「小さなブーケ」を持ってステージ上に立ったら

「あれ、けいさんは小さくても良いって言ったけど、私だけなんか花束小さくない?」

と言うことになるわけです。

友人がそれを「恥」だと感じたならばそれは恥になるわけです。

恥だけではなく、なにか負の感情を抱く可能性は大いにあると思うのです(´・ω・`)

まぁ友人がそうなるとは限らないし、所詮可能性の域を脱しない仮定のお話ですが(´・ω・`)

ただ、少しでも「そうなるかも」という考えに行き着いた上で、あえてその友人に頼むなど出来ませんでした。

そういう話になるなら、会場にくる予定もないほかの友人に頼むなどもってのほかですし

更に家族に頼むなんてこともできません。

何故なら、私の家族は「え、日本舞踊まだやってるの?」という人たちだからです。

これは、酷いとかそういう話ではなく、

日本舞踊をやるのは私の個人的な趣味で、みんなに応援されてやってるものではないのです。

そりゃそうです、

例えば車好きの人が、車の運転には必要のない装飾パーツを買ったって、興味のない人からすればお金の無駄ですよね。

それを私は 生きていくのには必要ではない趣味にお金をかけているわけです

なので、むしろ家族は「なんでやってるの?」くらい思ってます(´・ω・`)

それに両親も結構高齢になってきて、会場まで来てもらうのは危ないしちょっとな、と言う感じです(´・ω・`)


結果的に、私は

皆が花束を貰う中で 私は貰わないで新人紹介される人になります。

新人紹介に出ない選択肢はないです(´・ω・`)

もうひとりおじさんが花束を貰わないそうですが(´・ω・`)

ちょっとした公開処刑のようになりますよね(´・ω・`)

まぁ私が我慢すればすむ事だからと思いますが←これは私の悪い癖だといろんな人から言われます(´・ω・`)


日本舞踊の会という伝統的で特殊な場ですから

その会が昔から続けてきた形式なのでしょうし

きっとその会の人たちにとってはそれが普通なのでしょう。

なんとなく周りを見ると、日本舞踊をやっている若い人と言うのは

おばあちゃんやおかあさんなどがやってる人が多いようですから、みなさん慣れていると言うこともあるでしょう。

私の感覚とは違いますが、それを批判しようとか

逆に 私の考えが正しいですよね? とか

そういう気持ちは一切ありません。

そういう世界もあるのだという勉強をさせていただいたと思っています

公開処刑はほんとに嫌ですが。・゚・(ノД`)・゚・。

ですが、先生にあえて言おうとは思いませんが

花束は「日本舞踊の会」で用意して「日本舞踊の会の人」に渡してもらうのが良い気がしますね(´・ω・`)

会の中で完結させて欲しいですね

わざわざ外の人を連れてくるというのは ちょっと難易度が高いです(´・ω・`)

しかも花束は任意なのに紹介は強制とか泣けます(´・ω・`)

辞退したい事態! 

なんつって (´∀`*)


誰か!

花束をください!

ホトケノザの寄せ集めでも良いから!



ブログならいえる

この気持ち (´∀`*)


内容を書き終えましたが

やっぱりこれは不満を形にした記事になってますねΣ(ll゚Д゚ll)

不快に思われた方がいらっしゃったら申し訳ありません!><

皆が貰ってる中、花束をもらえない! なんだか逃げ出したい! 嫌すぎる!

どうか先生にこの記事が読まれませんように(笑)

一応補足しておくと、先生はとても素敵で良い先生です(`・ω・´)


そしてこの記事を書いたはいいけど

時間が経つにつれ、悪い事をした気持ちになって

後悔するだろう未来の私どんまい(´・ω・`)






ランキング参加中!

押してくださったら嬉しいです (´∀`*)




ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト



*スポンサードリンク*







トラックバック (0)件 | コメント (2)件
コメント
この記事へのコメント
うんうん!
心のひだがよくわかりますよ!
こういうことって善か悪かっていうような割り切れる話ではないし、常識か非常識かというものでも無い。
まぁその水(世界)のなかでは慣例となっているだけのこと。
「会の中で完結」
的を得た言葉だと思います。

書いて気を紛らわしたと思ってくださいな。
どんまい!
2015/04/18(土) 21:51 | URL | なおさん #-[ 編集]
なおさんに返信!
返信遅くなって申し訳ありません><
そしてお優しい言葉、ありがとうございます!

多分続けていけばまた同じような事があるのだと思います(´・ω・`)
あんとか自分の中で折り合いがつけられるように考えようと思ってます (´∀`*)

聞いてくださって本当にありがとうございました(`・ω・´)

2015/04/20(月) 13:02 | URL | けい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://xxxxxkeikeixxxxx.blog.fc2.com/tb.php/253-9742f7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスカウンター

プロフィール

けい

Author:けい
けいです!
農業時々うちの猫その社蓄時代の思い出や日常の日記や美容の事ももしかしたら!
いろいろ呟きますです!

人気ランキング*

人気ランキングです! 気にっていただけたらポチっとお願いいたします><

押してくださってありがとうございます (´∀`*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

 | のんびりながれぼしTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。